ホーム

個性心理學とは

四柱推命、宿曜経に基づき、それらに社会心理学的解釈を加え、
全く新しい学問として体系化したものです。
世界で初めて人間の個性を12の動物キャラクターに当てはめ、
更に60分類キャラクターに細分化させた誰にでもわかるイメージ心理学です。
人間関係に起因するストレスはすべて「個性の違い」から生まれるものです。
「個性の違い」が「価値観の違い」を生み出すからです。
まずは自分の個性を知り、そして他人の個性を知る事です。
そして、コミュニケーションツールという『実学』として活用できます。

出会い

30代半ばに個性心理學を使ってビジネスで大成功した方の講演会を聞いた事がきっかけです。
その方が伸び悩んでいた時に個性心理學を学び、仕事に活かした所、劇的に結果が出たという
話を聞いて興味津々!!

検証200人

そこから出会う人出会う人に誕生日を聞き、検証の日々。
気が付けばアドバイザー資格取得後2年半で200人の検証をしていました!

自己ブランディング

いむらきよし支局長直伝の個性心理學3D理論を使い、成功体験、失敗体験から
検証し、まずは自分を知るところから始めて、個性に翻弄されるのでは無く、
場面場面によって自己コントロールができるようになると、とっても楽になり、
自信が持てるようになります。宿命を知るという事はとっても大事です。

コミュニケーションスキル

ストレスの理由の大半を占めるのが人間関係と言われています。
自分の個性を知り、相手の個性を知るという事で、自分と人は
違うという事を理解する事が大事です。
思考回路、行動パターンも個性によって全く異なってきます。
それを知る事で『アキラメル』明らかに認めると人間関係がスムーズにいきます。